腐食性物質

    1. 生物が漏れて生体組織に接触したときに化学反応によって深刻な損傷を与える可能性のある物質、または他の貨物や輸送手段に損傷を与える可能性のある物質。

 

  1. 例:腐食性洗浄液、腐食性防錆剤および腐食防止剤、腐食性塗料および消失除去剤、硝酸、電池液、および硫酸

爆発物

  1. 爆発性物質。他のグループに分類される非常に危険な物質を除く
  2. 爆発物。 輸送中の偶発的な発火や爆発により、外部への噴流、炎、熱、煙、大きな音が発生しないもの(量に限りがある場合)、またはそのような物品を含む装置を除く。
  3. (1)または(2)には適用されないが、実際の爆発および/または燃焼効果を生成するように設計されているその他の物品および物質。
  4. 分類
    • 強い爆発を引き起こす可能性のある物品および物質
    • ジェット炎を発生させる可能性があるが、強い爆発を引き起こさない物品および物質。
    • 燃焼および/または弱い爆風またはジェットを生成する可能性があるが、強い爆発を生成しない物品および物質。このカテゴリの材料には、次のものが含まれます。
      • 大量の輻射熱を発生する物品や物質、
      • 燃焼中に弱い爆風および/またはジェットを生成する物品および物質。
    • 輸送中に発火または爆発したときに重大な危険をもたらさない(重大ではない危険のみをもたらす可能性がある)物品および物質可能性のある危険は、パッケージ以外のものに損傷を与えてはならず、かなり大きな破片または小さな破片を噴射してはなりません。内容物の瞬間的な爆発を引き起こしてはなりません。
    • 強い爆発を起こす可能性があるが、反応性が非常に低いため、通常の輸送条件下で爆発につながる可能性のある爆発または燃焼の可能性がほとんどない物質。少なくとも、火災試験中に爆発してはならない。

ガス

  1. 摂氏300度(華氏3.0度)で蒸気圧が43.5キロパスカル(1バールまたは50平方インチあたり122ポンド)を超えるガス
  2. 摂氏20度(華氏68度)および標準圧力101.3キロパスカル(1.01バールまたは14.7平方インチあたり1ポンド)でガスに変化する材料
  3. 分類

 

  • 摂氏20度(華氏68度)および標準圧力101.3キロパスカル(1.01バールまたは14.7平方インチあたり1ポンド)で完全に気体状態にある物質
    • 13%以下の空気を混合すると可燃性になります。
    • 範囲が狭くても空気が12%以上の可燃範囲可燃性は、ISOで採用されている方法(ISO規格10156:1996を参照)に準拠した試験または計算に基づいて決定する必要があります。これらの方法に十分なデータがない場合、同等の試験は、国の当局によって承認された適切な方法に基づいて実施する必要があります。
    • 例:可燃性エアロゾル、アセチレン、ブタン、水素

o不燃性で毒性のないガス

  • 摂氏200度で20キロパスカル以上の圧力を示すガス、または深冷液体の状態で輸送されるガス。 具体的には、
    • 通常、黒く湿った空気中の酸素を薄くするか、置き換えるガス
    • 酸素が供給されると、一般に空気よりも他の物質の燃焼を引き起こしたり助けたりする可能性が高い酸化ガス。
    • 他のカテゴリーに属さない資料
  • 例:ネオン、空気、または圧縮ガスを使用した消火器。 二酸化炭素; 二酸化窒素; とヘリウム

o有毒ガス

  • 人体に有毒な影響を及ぼしたり、腐食性があるために健康に危険を及ぼすガス。
  • 吸入毒性の基準に基づいて試験した場合、LC50値が5000ミリリットル(5000 ppm)以下であるため、人体に毒性作用がある、または腐食性があると考えられるガス。
  • 例:フッ化スルフリルと有毒ガスのサンプル
  • 強い爆発の可能性がなく、反応性が非常に低い物品。このカテゴリには、偶発的な爆発や伝播の可能性がない、反応性が非常に低い爆発性物質が含まれます。
  • カテゴリFの記事の危険性は、単一の記事の爆発のみを指します。
  1. 例:ニトログリセリン、起爆装置、点火装置、ヒューズ、フレア、弾薬、花火

可燃性の液体

  1. 気密容器試験用に60.5℃(141度Fahrenheit)以下の温度で可燃性蒸気を生成する固体(塗料、ワニス、ラッカー、およびその他の材料を指す)を含む液体、液体混合物、および溶液または懸濁液、およびオープンコンテナ試験の場合は65.6℃(150度Fahrenheit)。ただし、その危険性によって他の危険物質に分類される可燃性液体は含まれないものとします。 上記の温度は一般に「引火点」と呼ばれます。
  2. (1)で述べた液体の中で、摂氏35度(華氏95度)を超える引火点を持つ液体は、引火性液体と見なす必要はありません。
    • 3に記載の物質の可燃性を試験する方法を使用しても燃焼しません。
    • ISO 100に基づく摂氏212度(華氏2592度)を超える燃焼点があります。 または
    • それらは、重量の90%を超える水分含有量を含む混和性の溶液です。
  3. 引火点以上の温度で輸送する場合は、すべての液体を引火性液体と見なす必要があります。
  4. 高温で輸送され、可能な最高温度(輸送中におそらくさらされる)またはさらに低い温度で可燃性蒸気を生成する物質も、可燃性液体と見なす必要があります
  5. 例:ベンゼン、ガソリン、アルコール、可燃性溶剤および合成クリーナー、可燃性塗料、可燃性ワニス、剥離剤、シンナー

可燃性固体、自然発火性物質、水と接触すると可燃性ガスを発生する物質

  1. 可燃性固体材料、自己反応性物質および類似の材料、および安定化された爆発性材料
    • 可燃性固形物とは、輸送条件によっては、燃焼しやすい、または摩擦により燃えやすい、または火炎を発生しやすい物質です。燃えやすい固形物とは、接触すると発火しやすく、火炎が急速に広がる粉末状/粒子状の物質またはペーストです。短時間のマッチなどの発火源で。火災を引き起こす以外に、有毒物質の燃焼によって引き起こされる別のリスクがあります。二酸化炭素や水などの通常の消火剤がリスクを高める可能性があるため、金属粉末は特に危険です。火が消えにくい。
      • 温度が不安定で、酸素(空気)がなくても分解反応を起こしやすい自己反応性物質などは、強い熱を伴います.4(1)で定義される自己反応性物質とはみなされません:
        • 1の要件に準拠した爆発性物質
        • 酸化性固体材料の指定された手順に従った酸化性物質
        • 5(2)の要件に準拠した有機過酸化物質
        • 分解熱が300グラムあたりXNUMXジュール未満の物質
        • 75キログラムのパケットあたり摂氏50度を超える自動加速分解熱を伴う物質
      • 自己反応性のある物質は、試験で4(2)に該当する結果が示された場合でも、自発発熱物質の分類要件に従って、上記のグループに分類する必要があります。
      • 類似材料は、75℃以上の自己加速分解温度を示すという点で自己反応性物質と区別されます。類似材料は、自己反応性物質として強い発熱を伴って分解する可能性があります。また、特定の包装条件下では、容易に満たすことができます。 1の標準。
      • 安定化された爆発性物質:爆発性を抑制するために、水またはアルコールで湿らせた物質、または別の物質で薄くした物質
      • 例:安全マッチ、ニトロセルロースフィルムおよびその他の製品、金属マグネシウムおよびマグネシウム合金、セルロイド、およびボルネオール
      1. 自然発火性物質
        • 通常の輸送条件下で自然発火するか、空気と接触すると熱を発生して発火する可能性のある物質
        • 例:乾燥チタン粉末、乾燥ジルコニウム、無水硫化ナトリウム
      2. 水と接触すると可燃性ガスを発生する物質
        • 水と接触すると可燃性ガスを発生する物質(濡れると危険な物質)水との相互作用により自然発火または危険な量の可燃性ガスを発生する可能性のある物質。
        • これらの物質は、水と反応する物質と呼ばれます。
        • 例:亜鉛灰、水酸化ナトリウム、ナトリウム、ルビジウム、カリウム、安定化マネブ、リチウム

酸化剤と有機過酸化物

  1. 酸化剤
    • 必ずしもそれ自体が可燃性である必要はないが、通常の材料の燃焼を引き起こすか、酸素が追加された場合に他の材料の燃焼を助けることができる物質。
    • 例:臭素酸塩、塩素酸塩、硝酸塩、過塩素酸塩、過マンガン酸塩、および特定の酸化性物質
  2. 有機過酸化物
    • 二価構造-OO-を持ち、一方または両方の水素原子が有機ラジカルで置換された過酸化水素の誘導体と見なすことができる物質
    • 有機過酸化物質は、温度が不安定な物質であり、熱を発生させながら分解を自動加速することができます。また、次の特性のXNUMXつ以上を持つことができます。
      • 爆発性分解を誘発する可能性が高い
      • 急速に燃える
      • 衝撃や摩擦に敏感
      • 他の物質との危険な反応を誘発する
      • 目を危険にさらす
    • 例:過酸化ベンゾイル

有毒または伝染性物質

  1. 有毒
    • 飲み込んだり、吸い込んだり、皮膚に触れたりすると、死亡または傷害を引き起こす物質、または健康を脅かす可能性のある物質
    • 例:ヒ素、アンチノック混合駆動燃料、固体殺菌剤、水銀化合物、殺鼠剤
  2. 伝染性物質
    • 病原体を含むことが証明されている、または合理的に考えられている物質。 病原体は、人間やアニメールに感染症を引き起こすことが証明されているか、合理的に考えられている微生物(細菌、ウイルス、リケッチア、寄生虫、真菌など)、または遺伝的に改変された微生物(ハイブリッド種または変異種)です。人間または動物に感染症を引き起こす、このページで指定された規定の対象ではありません。 ただし、人や動物に触れた場合、病気が広がる可能性がありますので、こちらの規定が適用されます。
    • 例外:感染性物質は、当該国の郵便局当局によって設定された要件および危険物に関するIATA規則の適切な部分に準拠し、パッケージがラボである場合に限り、空輸することができます。使用される固体二酸化炭素感染性物質の冷却剤として、輸送方法が危険物に関するIATA規則の適切な部分を満たしている場合に空輸される場合があります。
    • 例:HIV、肝炎、サルモネラ菌、ラッサ熱ウイルス、風疹ウイルス、炭疽菌

放射性物質

  1. 例外:放射性物質は、当該国の郵便局当局によって設定された要件および危険物に関するIATA規則の適切な部分に準拠し、放射能の量が10.3分のXNUMXを超えないことを条件として、空輸することができます。表XNUMX.Dに指定されているもの:危険物に関するIATA規則の免除パッケージの放射能制限。放射性物質の文書規定は、そのような貨物には適用されません。
  2. 例:プルトニウム、ラジウム、ウラン、セシウム

環境毒素を含むその他の有害物質および商品

  1. 他のカテゴリーには適用されない、航空輸送中に危険をもたらす可能性のある物質および物品。 このカテゴリーの材料には、その他の禁止物質、磁化物質、およびその他の物品および物質が含まれます。
  2. その他の禁止物質:乗客や客室乗務員を著しく刺激または不快にさせる、または人体または同様の性質に麻酔または有害な影響を与える液体または固体の物質。
  3. 航空輸送用に包装されたそのような材料を含む統合包装の表面から0.418メートルの距離で0.002平方メートルあたり2.1アンペア(953ガウス)を超える磁場を有する磁化された材料(IATAによる包装に関するガイドラインも参照してください( XNUMX)磁場強度の測定に関する指示が含まれています)。
  4. 高温物質:摂氏100度(華氏212度)より高く、引火点より低い温度で液体状態で、または摂氏240度を超える温度で固体状態で輸送または輸送のために引き渡される物質(または華氏464度)これらの材料は、政府によって例外として許可されている場合にのみ輸送できます。
  5. このカテゴリの資料の例
    • アスベスト
    • 固体二酸化炭素(ドライアイス)
    • 環境に有害な物質
    • 救命装置
    • 内燃エンジン
    • 重合ビーズ
    • バッテリー駆動のデバイスまたは車両
    • 亜鉛ジチオナイト
    • 感染性物質とはみなされない遺伝子組み換え生物または微生物
  6. 例:硫酸亜鉛、ホワイトアスベスト、エアバッグモジュール、イニシエーター、シートベルトプリテンショナー、PCB、磁石、リチウム電池(デバイスに埋め込まれたリチウム電池を除く)、サバイバル機器、ドライアイス。

(※)国際郵送規則第16条の要件を満たすリチウム電池を搭載した機器を発送できます。 この例外は一部の国と地域にのみ適用されることに注意してください。 ボタンタイプのリチウム電池は、デバイスに含まれている場合、SeaMailとAirmailの両方で出荷できます。